着手金に成功報酬。裁判にかかる弁護士の費用あれこれ

弁護士や裁判の事を知りたいならこのサイト

あなたの弁護士や裁判に関する疑問解決します。

皆さん弁護士ってどんな仕事をしているかわかりますか? 刑事ドラマの裁判のシーンで「意義あり!」って言っていたり、留置所の面会室で罪を犯した人と話をしたりしているスーツ姿で弁護士バッチつけてるあの人です。 弁護士費用ってお高いイメージがありますが実際はどうなのか気なるところです。

弁護士の仕事ってどんな仕事?弁護士費用っていくら必要?

世界の弁護士の歴史は、古代ギリシャローマ時代から始まっていて、中世ヨーロッパ時代には弁護士等を育成する学校がありました。
日本の弁護士の歴史は明治時代までからあり、アメリカの影響を受けて裁判のやり方を学んだ日本が取り入れたのが「代言人」です。
現在の弁護士と同じような立場でしたが、法の整備が整っておらず、弁護士資格というというものがまだなく、ずる賢い人などがいたため、なかなか周りから一定の信頼を得られていませんでした。
1893年に日本で「弁護士法」が出来てから「弁護士」という呼び名が定着され、呼び名が定着されたのと同時に「弁護士資格を取得するための試験」が作られたのもこの頃です。
試験が作られたばかりの時は、裁判官や検察官などに比べて下に見られていたので社会的地位は低かったですがテレビの影響もあり弁護士の社会的地位や信頼度が上がりました。
法律トラブルは増え続け、弁護士同士の営業活動が活発化したため企業に直接雇用をしてもらい企業内専属弁護士として働く弁護士が増えています。

弁護士ってどんな仕事なの?
トラブルがあって弁護士に相談したいけど費用はどのくらいかかるの?
裁判には種類があるみたいだけどどう違うの?
などあなたが知りたい疑問を詳しく説明します。
弁護士への相談を考えており、のちのちの裁判について詳しく知りたい方にもお役に立てる内容です。
興味本位で見に来たあなたも万が一の時に備えて読んでみてください。

刑事裁判と民事裁判ってどう違うの?

裁判と一言で言ったりしますが、2つの裁判方法がある事を皆さんは知っていましたか? 行う裁判方法よって裁判費用や難易度が違うので、裁判を行う際に非常に重要な事です。 裁判方法について知らない方に参考になる内容かと思います。 すでに知っている方は、再度確認してみましょう。

本人訴訟と訴訟の種類について

皆さんは訴訟には様々な種類がある事を知っていましたか? 裁判を行う際、高額な費用が発生すると思われたりしますが、訴訟の種類により多少裁判費用が変わったりします。 自分の行いたい裁判がどの訴訟に当てはまるのかしっかりと知る必要があります。 その他に本人訴訟についても説明します。

TOPへ戻る