着手金に成功報酬。裁判にかかる弁護士の費用あれこれ

弁護士や裁判の事を知りたいならこのサイト

>

あなたの弁護士や裁判に関する疑問解決します。

弁護士ってどんな仕事するの?

ドラマなどの影響から裁判ばかり行っているイメージが強いかと思いますが、健康面以外の相談を全て行う事ができます。
万が一弁護士が詳しくない内容であっても解決までアドバイスをくれたりします。
限定された内容しか相談できないと思っている方が多いですが、幅広い範囲で相談できるのが弁護士の仕事の特徴です。
民事裁判では、内容を確認して整理し、本人の希望を聞き、本人に有利な裁判ができるよう書類や様々な証拠を集めるのが主な仕事ですが、訴状を出し次回の日程を決めるだけで裁判が終了することもあります。
刑事事件では、弁護士が集められる証拠などが少ないため刑事裁判を扱っている弁護士が少ないです。
裁判員制度が始まったため一般市民に被告人の言っていることを理解してもらえるように上手く伝える事を求められるようになってきています。

弁護士費用の相場っていくら?

個々で相談内容が違うため相談内容に合わせてどのように業務を行うかを考え、業務内容を変えなければならないため弁護士費用が高額になります。
その他に一つの事件を解決するためには10ヵ月程度かかる場合があり、一人でたくさんの相談を受けるのも限界が来てしまいます。
そのため月々の収入を考えると数万円程度にしかならず生活が困難になるため高額になってしまいます。
弁護士費用の着手金や成功報酬の相場をいくつか紹介します。
男女間のトラブルの着手金や成功報酬それぞれの平均は最低20万から30万程度です。
労働系の不当解雇トラブルだと着手金が最低20万から30万程度で成功報酬が最大50万円程度です。
労働裁判だと着手金が20万から40万円程度になり着手金が最大で請求額の25パーセントになります。
依頼する弁護士により様々ですので、事前に金額の確認をされることをおすすめします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る